学習について

学習について

「橋の科学館」は明石海峡大橋をはじめとする、本州四国連絡橋の建設に使われた架橋技術を一堂に集め、わかりやすく紹介したサイエンスミュージアムです。

入口から館内をぐるっとまわると、明石海峡大橋の計画から調査・設計、下部工、上部工までの工事記録や技術開発などが学習できるようになっております。また、それぞれのコーナーに設置されたビデオモニターでは工事記録が映し出され、興味深く橋を知ることができます。

館内では、映像やパネルでの紹介のほか、ケーソン、補剛桁建設時の模型をお客様に操作していただけます。ちびっ子コーナーではパソコンを使ってクイズに挑戦したり、木のブロックを組み合わせて橋を架けるゲームなど、楽しみながら橋梁技術の数々を体験することができます。
3Dシアターでは橋に関わる映像を30分間隔で3本上映しており、すばらしい色彩と映像で構成された立体映像をお楽しみいただけます。

ページTOPへ