お知らせ

橋の科学館 講演会「第16回 1995.1.17 震災と明石海峡大橋」の開催について(好評に終了しました。)

2014年12月03日

         橋の科学館 講演会

  

********************

 

  

  第16回  1995.1.17

 

     震災と明石海峡大橋

 

  

********************

 

【 日  時 】 平成27年 1 月17日(土)  14時 ~ 15時30分

 

【 場  所 】 橋の科学館 

           (JR舞子駅下車 海側へ徒歩5分、山陽電鉄 舞子公園駅下車 海側へ徒歩7分)

 

【 入 館 料 】 大人  310円、小・中学生 150円

 

【 募集人員 】 定員 50人

 

【 講  師 】 大日本コンサルタント(株)海外事業部顧問    やすだまさひこ

     (震災当時 本四公団垂水工事事務所長)  保田雅彦氏

 

【 講演内容 】 震災時、明石海峡大橋は、主ケーブルの建設中でした。

        震災直後の徒歩によるアンカレイジ、キャットウォーク上の被災状況調査、          

        海底の地盤調査、測量調査、詳細点検調査、そしてそれらの結果を踏まえ

        た修正設計と施工内容の変更、工事の再開に至った経緯について、当時を

        思い出しながらお話しします。チラシ →  PDF

 

【 参加申込み方法 】

 下記のいずれかの方法で「氏名(ふりがな)」「住所」「電話番号」をお知らせください。

      なお、いただいた個人情報は、個人情報保護法に基づき管理・保護します。

         また、申し込まれた方の情報は講演会以外には使用しません。

 

    電話           (受付時間…9:15~16:30、休館日(月曜日、12月29日~1月3日)を除く)

 

   078(784)3339

 

  FAX

 

   078(784)8888

 

  E-mail

 

    E-mailでお申し込みの方はこちら

 

            ※メールソフトが立ち上がらない方は

 

                     hashino-kagakukan@jb-highway.co.jp あてに

 

                    「氏名(ふりがな)」「住所」「電話番号」
      をお知らせ下さい。  

 

      協 力 : 本州四国連絡高速道路株式会社

         後 援 : 公益社団法人 土木学会関西支部

 

ページTOPへ