お知らせ

橋の科学館 講演会「第35回 淡路人形浄瑠璃の歴史と現状~郷土の古典芸能を守り、伝える「淡路人形座」~」の開催について(好評に終了しました。)

2018年09月11日

      橋の科学館 講演会

 

♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧

 

      第35回 淡路人形浄瑠璃の歴史と現状

 

                    ~ 郷土の古典芸能を守り、伝える「淡路人形座」 ~

 

♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧♣♧

 

 

 

【 日  時 】 平成30年11月10日(土)  15時 ~ 16時30分

 

【 場  所 】 橋の科学館

                 (JR舞子駅下車 海側へ徒歩5分、山陽電鉄 舞子公園駅下車 海側へ徒歩7分)

 

【 入  館  料 】 大人  310円、小・中学生 150円、優待(65歳以上) 200円

 

【 募集人員 】 定員 50人

 

【 講  師 】                         まさい  よしのり

      財団法人 淡路人形協会 理 事 長      正 井 良 德 氏

 

【 講演内容 】 南あわじ市福良港(道の駅福良)に「淡路人形座」はあります。

                          500年の歴史を誇り、国指定重要無形民俗文化財にも選ばれている淡路人形浄瑠璃

                          は最盛期の18世紀初めには40以上の座元が覇を競い、淡路島のみならず各地に人

           形芝居を伝えました。大阪に出て「文楽」を創始した上村文楽軒もその一人です。

                     時を経るにつれ、娯楽が多様化するうちに伝承が途絶える危機にさらされましたが、

                         「郷土の古典芸能を守ろう」とする人々の力により、1964年に淡路人形座が生まれ、

                          伝承が蘇りました。

           今回は、淡路人形浄瑠璃の歴史と現状、そして次世代へ繋ぐ淡路人形座の活動をご紹

           介します。

         また、淡路人形座による人形解説と「戎舞(えびすまい)」を特別上演します。 

        

 

【 参加申し込み方法 】

 

         下記のいずれかの方法で「氏名(ふりがな)」「住所」「電話番号」をお知らせくだ

         さい。

                  なお、いただいた個人情報は、個人情報保護法に基づき管理・保護します。

                  また、申し込まれた方の情報は講演会以外には使用しません。

 

         電話で   (受付時間 9:15~17:00、休館日(月曜日))

   

       078(784)3339

          

              FAX

 

       078(784)8888

           

                E-mail

                    E-mailでお申し込みの方はこちら

                                                    

                         ※メールソフトが立ち上がらない方は

                                   hashino-kagakukan@jb-highway.co.jp のアドレスをお使いの

                                   メールソフトのあて先(To)にコピーし、お申し込みください。

 

 

 

                 協  力 : 本州四国連絡高速道路(株)

                

ページTOPへ