顔出しパネルあり〼

2012年10月01日

顔出しパネル?

それって、観光地でよく見掛ける顔の部分だけ切り抜きされてて、そこから顔を出すっていう、あのパネル?

それが「橋の科学館」にあるの?

えっ、でも、科学館にあるなんて、どんな顔出しパネルなの!?

 

橋の科学館の無料休憩コーナー「くつろぎのスペース」の奥まったところに、ひっそり(!?)と置かれているのが、観光地などでお馴染みの「顔出しパネル」。

背景は神戸の景色ですが、どことなく、何かが違うと思いませんか?

 

実はこの景色、「明石海峡大橋のケーブル点検管理員」になって橋のケーブルに立つと見える風景なんです。

ケーブルの上は一般の人が立ち入ることの出来ない場所で、100年・200年と橋を保つために夏の炎天下や冬の寒い日でも行われています。

地味だけど、とっても重要な業務なんです。

どんな業務をしているのか詳しいことを知りたい方は、3D映像「わたると探検! 明石海峡大橋」で確認してくださいね。

“わたる”が点検業務のお兄さんに聞いていますよ。

 

そうそう、インフォメーションスタッフに聞いたところ、この顔出しパネルはお子さんだけじゃなく大人の方も利用して記念写真を撮って帰られているとのことでした。

利用して楽しんでいただくのも嬉しいことなのですが、点検管理というお仕事も知っていただきたいなぁと思っています。

ページTOPへ