「明石海峡大橋 特別講演会」終了しました

2012年03月23日

明石海峡大橋が「夢の架け橋」と呼ばれた頃を知る島田喜十郎先生を講師にお迎えして行ってきました「明石海峡大橋 特別講演会」が無事終了しました。

平成23年12月より4回にわたり島田先生から一般には知られていないお話しや珍しい映像を交えての講演会は、聴講された皆様より「面白かった」「着工・完成までに大変なご苦労があったことを知り、感激しました」などの感想をいただきました。

講演会にご参加いただいた皆様に厚くお礼申しあげます。

ちなみに、4回の講演会の内容は下記のとおりです。

  第1回 「夢の前史」(平成23年12月17日)

       明石海峡大橋の架橋実現に向けた多くの人達の努力

       と架橋決定まで

  第2回「手探りの調査」(平成24年1月21日)

       新しい技術の開発や瀬戸内海の美しい景観との調和  

       に苦労したお話し

  第3回「夢が叶った」(平成24年2月18日)

       工事が進む中で発生した阪神・淡路大震災による影

       響、そして開通を迎えた日まで

  第4回「橋を巡る」(平成24年3月17日)

       世紀を超えて受け継がれていく明石海峡大橋に託す

       未来、そして海外の長大橋のお話し

 

 

 さて、好評をいただいた講演会ですが、この5月以降「橋の科学館 講演会」と銘打って引き続き開催することになりました。

今度は、本四架橋以外にも“気になる橋”や“大きな構造物”について各分野より講師の先生をお招きしてお話ししていただきます。

近々、科学館ホームページでお知らせしますので、皆様ご参加くださいね。

どんなお話しが聞けるのか、乞うご期待!!

 

       

ページTOPへ